touroku.in

使用の本拠の位置とは

車検証に「使用の本拠の位置」というのが書かれています。

 

この「使用の本拠の位置」とは、一体、なんでしょうか。

 

そして、どういう風に決まるのでしょうか。

 

今回は、そこのところについて書いてみたいと思います。

 

さて、まずは「使用の本拠の位置」の定義ですが、
そこらについては、コチラに書かれた文書があります。

 

これによりますと、
本拠の位置とは、原則として、自動車の保有者その他自動車の管理責任者の所在地」とのことです。

 

そして、「具体的には、自動車を運行の用に供する拠点として使用し、かつ、
自動車の使用の管理をするという実態を備えている場所であるか否かで判断する」のだそうです。

 

また、個人の場合には、

  • 住民登録がなされている住所でも、住んでいる実態がない場合にはNG。
  • 住民登録がなされていない場所でも、使用実態・管理実態があればOKなこともある。
  • 別荘の場合も条件を満たしていればOKなこともある。
  • 個人事業者の事務所等もOKなこともある。

 

法人の場合には、

  • 登記された営業所は基本OKだが、実態がなければNG。
  • 登記なしの営業所は基本NGだが、実態があればOKなこともある。
  • 社員の個人宅等については、業務上実態があればOKなこともある。

 

という解釈となっています。

 

結局は、実際に車の使用実態・管理実態があるかどうかが問題のようですね。

 

 

ちなみに、車庫の確保については、
「自動車の保管場所の確保等に関する法律」に定められています。

 

自動車の保管場所の確保等に関する法律
(保管場所の確保)
第三条  自動車の保有者は、道路上の場所以外の場所において、
当該自動車の保管場所(自動車の使用の本拠の位置との間の距離
その他の事項について政令で定める要件を備えるものに限る。
第十一条第一項を除き、以下同じ。)を確保しなければならない。

 

自動車の保管場所の確保等に関する法律施行令
(保管場所の要件)
第一条  自動車の保管場所の確保等に関する法律 (以下「法」という。)
第三条 の政令で定める要件は、次の各号のすべてに該当することとする。
一  当該自動車の使用の本拠の位置との間の距離が、
 二キロメートル(法第十三条第二項 の運送事業用自動車である
 自動車にあつては、国土交通大臣が運送事業(同条第一項の
 自動車運送事業又は第二種貨物利用運送事業をいう。)に関し
 土地の利用状況等を勘案して定める地域に当該自動車の
 使用の本拠の位置が在るときは、当該地域につき
 国土交通大臣が定める距離)を超えないものであること。
二  当該自動車が法令の規定により通行することができないことと
 される道路以外の道路から当該自動車を支障なく出入させ、かつ、
 その全体を収容することができるものであること。
三  当該自動車の保有者が当該自動車の保管場所として
 使用する権原を有するものであること。

 

ということで、使用の本拠の位置から車庫の距離は、2キロ以内
ということになっています。

 

以上の決めにしたがって、車庫証明書(自動車保管場所証明)が
交付されたり、されなかったりしますが、そこに書かれた
「使用の本拠の位置」によって、車検証の「使用の本拠の位置」が決められます。

 

そして、使用の本拠の位置がどこであるかによって、
管轄支局が決まって、つまりは、どこのナンバーが付くかが決まるのです。

 

使用の本拠の位置と管轄地との関係は、コチラで調べられます。

関連ページ

印鑑証明書の有効期限
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
元の所有者(車検証上の旧所有者)が行方不明の場合の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消登録)
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
なぜ住所のつながりが必要なのか?
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
住民票・住民票の除票・戸籍の附票・戸籍の附票の除票とは?
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
住所のつながりが取れない場合
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
車を売った相手(新所有者)が行方不明の場合の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消登録)
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in