touroku.in

住所のつながりが取れない場合

住所のつながりがなぜ必要なのかはコチラで、また、つながりを証明する書類についてはコチラで説明しました。

 

しかし、つながりをつけようとしても、役所で「もう証明書が出せません」と言われる場合があります。

 

このことについて、書いてみたいと思います。

 

住所のつながりを証明するための書類には、次の4種類があります。

 

  • 住民票
  • 住民票の除票
  • 戸籍の附票
  • 戸籍の附票の除票

 

これらのうち、現時点での内容を証明する、住民票と戸籍の附票については、
証明書が出ないということは、原則、ありません。

 

原則と書いたのは、大災害でシステムがダウンして証明書が出ないというような場合もあるからです。

 

つまり、住民票と戸籍の附票については、普通は、請求すれば交付されます。

 

しかし、住民票の除票と戸籍の附票の除票については、
住民基本台帳法施行令という決まりに、その保存期間が定められています。

 

(保存)
第三十四条  第八条、第八条の二、第十条若しくは第十二条第三項の規定により消除された住民票
(世帯を単位とする住民票にあつては、全部が消除された住民票に限る。)又は第十九条の規定により
全部が消除された戸籍の附票は、その消除された日から五年間保存するものとする。
第十六条(第二十一条において準用する場合を含む。)の規定に基づき住民票又は戸籍の附票を
改製した場合における改製前の住民票又は戸籍の附票についても、同様とする。

 

この条文によって、保存期間は5年間という扱いになります。

 

住民票や戸籍が移動した場合には、従前のものについての証明書は、5年以上経過した場合には交付されません。

 

期限を過ぎたものは証明ができないことになります。

 

では、どうするのか。

 

どうしようもありません。

 

どうしようもないので、自分で証明したものを添付する扱いになっています。

 

様式はコチラです。

 

ただし上記の様式で証明した場合であっても、取得できた住民票等は申請書に添付する必要があります。

 

あくまで、証明できない部分を補う書類だ、ということですね。

関連ページ

印鑑証明書の有効期限
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
元の所有者(車検証上の旧所有者)が行方不明の場合の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消登録)
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
なぜ住所のつながりが必要なのか?
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
住民票・住民票の除票・戸籍の附票・戸籍の附票の除票とは?
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
使用の本拠の位置とは
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in
車を売った相手(新所有者)が行方不明の場合の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消登録)
車の名義変更(所有者変更)・廃車(抹消)の必要書類のことなら、touroku.in